本文へスキップ

ユニバーサル志縁社会創造センターは、この国のあり方を大きく転換すべく、各地の仲間とともに活動を開始します。

HOMEイベント > 生活困窮者自立支援事業の『質』を検証する!3つの評価指標による検証事業報告会

2017年3月31日(金) 生活困窮者自立支援事業の『質』を検証する!3つの評価指標による検証事業報告会

検証事業報告会

 生活困窮者自立支援制度施行から2年が経過しようとしています。各地で様々な活動が展開されていますが、就労支援のあり方については、試行錯誤の段階にあるといえましょう。

 異なる3つの評価指標をつかって同じ対象者の方の支援経過を調査した結果を報告し、今後の就労支援のあり方をともに考えます。

<目的>
 平成27年度当団体で作成した就労準備支援事業評価ガイドラインに基づくアンケート調査、厚生労働省が調査主体である「生活困窮者自立支援制度の新たな評価指標による調査」、社会福祉法人生活クラブ風の村が作成した「生活困窮者自立支援事業新アセスメント・モニタリングシートver8」の3種類の調査を同じ支援対象者に実施した調査結果を報告し、事業の現場担当者と共に、評価指標の在り方、支援の質の向上への効果などについて検討していく。




<日時>
2017年3月31日(金)13:30-16:00(開場13:00)
<会場>
TKP新橋カンファレンスセンター カンファレンスルーム6B
(東京都港区新橋西新橋1-15-1 大手町建物田村町ビル)
地図URL:http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shimbashi/access/
<参加費>
無料
※事前お申し込みについて
下記WEBフォームからお申し込みください
参加申込みフォーム
※WEBフォームでの入力が難しい方はFAX申込用紙からお申込みください。

<プログラム>
※一部変更の可能性がありますのでご了承ください。
13:30 主催者挨拶 池田徹一般社団法人ユニバーサル志縁社会創造センター代表理事

13:35 基調報告「生活困窮者自立支援制度における社会的インパクト評価を活用した評価指標による調査結果報告」
報告者 鴨崎 貴泰(特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会事務局長)

14:15 パネルディスカッション「生活困窮者自立支援法における事業評価の今後」
(コーディネーター)池田 徹(一般社団法人ユニバーサル志縁社会創造センター代表理事)
(パネリスト(五十音順))
鴨崎 貴泰(特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会事務局長)
川上 葉子(社会福祉法人生活クラブ風の村)
谷口 仁史(特定非営利活動法人NPOスチューデント・サポート・フェイス)
西岡 正次(A'ワーク創造館(大阪地域職業訓練センター))
本後 健氏(厚生労働省社会援護局生活困窮者自立支援室長)

<対象>
一般、就労支援をしている、またはこれから行う事業者、社会的インパクト評価に関心のある方、行政関係者

【お問合せ】
一般社団法人ユニバーサル志縁社会創造センター
〒105-0004 東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋ビル5階
TEL 03-6450-1820 FAX 03-6450-1821




ユニバーサル志縁社会創造センター

〒105-0004
東京都港区新橋4丁目24-10 アソルティ新橋ビル5階 502

TEL 03-6450-1820
FAX.03-6450-1821