Areas of support

PC講座

PC講座を通して、ITリテラシーの向上、雇用促進に貢献しています.

テレワーク

民間企業と連携し、ITを用いた被災地住民の経済的自立促進を行っています.

避難所運営支援

掲示板の整理、運営支援のツールの提供を行っています.

ニーズ調査

様々な取り組みを通して、被災者住民の方に寄り添い、ニーズのくみ取りを行い、行政や民間へ支援の和を広げる取り組みを行っています.

教育支援

街の将来を担う人材の育成、復興後の発展を視野に、ボランティアによる、中高生への学習指導、進路相談などを行いっています.

Urgent problem:

雇用

仮設住宅での生活は避難所の生活のように物資の配給を受けにくくなります.仮設住宅の生活では、避難所同様のサポートが受けられる環境を整備する とともに、徐々に行政やボランティアなどの依存度の少ない生活に向かっていくことになります.本団体では日本マイクロソフト社と協力し現地に雇用を生む方策を実施してきました.

 

コミュニティーの再生

避難所では皆の住民が、同じ時間に起き、協力して朝ごはんを作り一日がはじまっていくというリズムを刻んできました.しかし、仮設住宅に移ることで生活は一世帯 で完結するものとなります.既存の地元のコミュニティ、避難所で生まれたコミュニティが仮設住宅の抽選で希薄になりました.互助の精神のもとコミュニティ再生が現地では望まれています.

 

教育

現在被災地では、多くの子供達が避難生活を送っています.避難所では、消灯時間が非常に早く、部活動を行っている子供は、勉強する時間をなかなか確保するこ とができないことから、被災地では学力低下が問題になっています.また、経済的に大学への進学を諦める子供達も多くいます.次世代を担う子供達への教育は、日本の将来、被災地の未来を築き上げる上で必要不可欠なものであることから、包括的な教育支援が求められています.復興支援ITボランティアでは、ボランティアを被災地へは派遣し、学習指導や進路相談などを通して被災地の教育へ貢献しています.

IT Assistance

Let's Help Peopole Together

Join Now!

2月 ITボランティア参加者の募集&新規学生メンバー説明会のご案内

Programs

ITボランティア

ITボランティアの活動の特色は、近い距離で被災地の住民の方々との触れ合いや傾聴する機会が多いという点にあります。復興フェーズから地域再生フェーズに差し掛かる現地で、地域再生ビジネス、被災体験の電子資料化および保存・情報発信をITを活用して支援しています。

被災地での活動

2014年度現在復興支援ITボランティアでは、大船渡市大立仮設住宅および陸前高田市長洞元気村を中心に活動を行っています。 それぞれの地域において、ICT企業が震災直後に設置したPCを活用し、必要な情報を得られるよう、「パソコンサロン」の開催、 震災から現在までの復興への取り組みを記録した資料を電子化し、「次世代や他地域へ語り継ぐ情報発信」を行ってきました。 また、長洞元気村では、好齢ビジネスと呼ばれる独自の地域活性ビジネスへの取り組みを、ITを使って支援しています。

被災地での活動で得られること

復興支援ITボランティアでは、「住友商事東日本再生ユースチャレンジプログラム」より助成金を受け、ユース世代である学生が中心となり活動を行っております。 そのため、学生の金銭面での負担を最小限に抑え、活動を行うことができます。 こうした環境のもと、被災経験を乗り越え、地域再生に向けて邁進する、現地住民の方と、近い距離でお話を伺い、 メディアでは得られない貴重な情報や経験を得ることができます。 また、地域再生に向け、どういったことが求められているのか、考えるきっかけとなったり、 実際に、若者なりに、地域再生に貢献できることを探し、実行することもできます。