このページについてabout
平成27年4月に生活困窮者自立支援法が施行されました。この法律は、生活保護一歩手前の生活困窮者、特に稼働年齢層の困窮者の自立を支援することが大きな目的であり、就労支援が重視されています。その意味で、直ちに一般就労が難しい人の日常生活、社会生活の自立を支援し、一般就労もしくは就労訓練事業(いわゆる中間的就労)につなげる「就労準備支援事業」の役割が大きくなっています。そこで、一般社団法人ユニバーサル志縁社会創造センターは、厚生労働省社会福祉推進事業を活用し、今後各自治体が就労準備支援事業に取り組むうえで、その評価指標を確立することを目的とし就労準備支援事業の評価ガイドラインを作成しました。
委員会メンバーmenber
  • 伊藤 健
  • 池田 徹
  • 岩永牧人
  • 川上葉子
  • 田嶋康利
  • 谷口仁史
  • 西岡正次
  • 山本 樹
背景と考え方thinking

1. 生活困窮者自立支援法制定の背景

2. 生活困窮者自立支援法の枠組みと
就労準備支援事業

3. 就労準備支援事業に対する評価ガ
イドラインの必要性

ガイドラインについてguideline

1. ロジックモデルとアウトカム(成果)
目標とアウトカム / ロジックモデル

2. 測定方法
インプット、アウトプットの測定方法 / アウトカムの測定方法

3. データの分析方法

4. 測定と分析結果からの改善
事業改善への活用 / セクターの事業改善への貢献

活用事例case
2016年度活用を予定しております。
活用しませんかexploit
1. 事業改善に活用する
2. セクターの事業改善に貢献する
事業の効果を測定・分析すると、事 業成果を可視化できるだけでなく、 様々な学びと事業改善の機会を…
ダウンロードdownload
「就労準備支援事業評価ガイドライン」PDFデータをダウンロードはこちらから。