このページについて

平成27年4月に生活困窮者自立支援法が施行されました。この法律は、生活保護一歩手前の生活困窮者、特に稼働年齢層の困窮者の自立を支援することが大きな目的であり、したがって、就労支援が重視されています。その意味で、直ちに一般就労が難しい人の日常生活、社会生活の自立を支援し、一般就労もしくは就労訓練事業(いわゆる中間的就労)につなげる「就労準備支援事業」の役割が大きいです。そこで、一般社団法人ユニバーサル志縁社会創造センターは、厚生労働省社会福祉推進事業を活用し、今後各自治体が就労準備支援事業に取り組むうえで、その評価指標を確立することを目的とし就労準備支援事業の評価ガイドラインを作成しました。